看板デザインは客観視が重要!人が注意をひく箇所を要チェック

印刷

看板デザインは視認性を最も重視すべき!

看板デザインで、最も重要なのは看板を遠くから見ても、店名と特徴が認識できるかどうかです。例えば、人通りの多い道と一本曲がった路地があります。人通りが多い場所はすぐ人の視界に入りやすいですが、一本曲がった路地だとどうしても人の視線に入りにくくなります。そのため、一回見ただけですぐにお店のことがわかるかどうかが重要です。

カラーチャート

視認距離と時間帯を考慮

視認性では、「視認時間」と「視認距離」のことも考えるのも大切です。これは、車道近くに店を構える場合に重要で、歩行者と異なり車やバイクは一瞬で店の目の前を通り過ぎてしまいます。看板に書かれている文字やデザインが小さすぎて見えないと、ドライバーは何が描かれているのか認識できないままとなります。遠距離・中距離・近距離のどこからでも、ちゃんと看板を認識できるかどうかチェックして作るべきです。

print

次に店のコンセプトや特徴との整合性があるか!

看板を製作する際、店の特徴をそのまま形にして表すのは有効です。例えば、居酒屋ならグラスを看板の形にする、肉バルなら骨つき肉の形、ピザ屋ならピザの形をそのまま看板の形にするとアピール力がアップします。これは、看板の形だけでなく文字で表すのも有効です。洋食のお店なら、横文字のローマ字表記にするなど工夫しましょう。

印刷物

ちゃんと読める表記にする!

看板に表記する文字は、誰でも読める文字にしてください。例えば、イタリア料理屋を開業したとします。看板の表記をイタリア語にすると、多くの人が読めない上に何の店なのか認識できません。多くの人に、お店の特徴を把握してもらうために、万人が読める文字で表記しましょう。

色見本

デザインを検証!

看板デザインは、客観的に見てどのように見えるのか検証するのがカギとなります。福岡などのデザイン会社に依頼すれば、仕上がった看板を客観視しやすいです。しかし、自作の場合は客観視が難しくなります。そこで、客観視するのに役立つのが解析ツールです。専門のWebページにデザインした看板の画像をアップロードして解析ボタンを押すだけで簡単に利用することができます。人がその看板の何に注目するのかをスピーディーに解析できます。また、このツールは、看板だけでなく横断幕でも有効です。

Web解析ツールの使い道

印刷

のぼりや腕章でも利用できますか?

のぼりや腕章でも利用できます。解析ツールは、どんな広告物でも人が注意を引かれるかを予測します。新たに、広告物のデザインを考える際に客観的にどう見えるのかを把握するのにWeb解析ツールは役立ちます。

DM発送代行で仕事の効率化を図る

[PR]
看板が買える通販サイト
お店の宣伝効果を向上させよう♪

ポスティングが横浜で利用できる